FC2ブログ

記念植樹。

23より、20の方がキリが良くて、
何か感慨深いものが屹度有ったのだろうと思うが、
今は思い出せない−−。

180329-81=ブルーベリー(サンシャインブルー)苗植え a枕流庵果樹園
▲サザンハイブッシュ系サンシャインブルーのブルーベリー。

23年である。
23年前の今日、フェリー屋久島2に乗って宮之浦港に降り立つ。
当時の相方の院のゼミ生が宮之浦出身で帰省時だったので港に出迎えて呉れた。
いちいちその時の写真を見返しはしないけれど、
この日を迎えるとその屋久島に降り立った第一歩の写真が脳裡に帰ってくる。
恰もお盆にご先祖様が帰ってくるように−−
(ってそう実感した事は生まれてこの方一度もないけれど)。

180329-83=ビワ苗植え a枕流庵果樹園
▲ビワ。尾之間の知人宅庭より移植(知人は昨日が移住2周年)。

その時、どのくらい先の事迄考えていたんだろうか……。
今となっては判らない。
ただその日、恐らく未だ引越家財が到着していない当時の借家に
行かねばならぬ不安はあったと思うが。
あの時23年後にこんなうらぶれた暮らしをしているなんて想像だに出来なかったが、
往時の相方とこの日を迎える事は無いとは微塵も思わなかったのも事実。
そうこうしているうちに徒に時は流れて、もうやり直しが利かない歳になってしまった事に、
実は一番打ちのめされている昨今である。

180329-84=レモン(レモネード)苗植え a枕流庵果樹園
▲レモン。レモネードと云う品種(らしい)。

果実の島抜け時に買って来たりした果樹の苗を今日植えた。
ブルーベリーとビワとレモンとユズの4種類。
23年後に−−いや、別に簡単に倍にしなくてもいいのだが−−、
どの樹が大成してどの樹が消滅しているか、
実は余り気にしていない。
それより、今日、樹を植えた事を重視している。
今日を生きたから。
先の計画を立てるのも大切なのかも知れないが、
嘗てなく先行きが不確実な−−間も無くこれまでのような自由が喪われ容易く戦争が始まる事が現実味を帯びてきた−−
時代に細々と先の事を考えるより、
日々を充実させ、且つ丁寧に生きる事を尊ぶ事でしか生きていく意味を見出せないでいる。

180329-86=ユズ(多田錦)の苗 a枕流庵果樹園
▲種なしユズ多田錦。

その為にももういい加減動き出さねばと思う、23年目のこの日−−。(ち)


スポンサーサイト

テストです。

済みません。
テストです。


白装束'18冬。

日一日と最低気温が更新されていくのは
ここ尾之間も同じ。

180112-11=雪の鈴岳fm庵裏農道
▲鈴岳。

180112-12=雪の割石岳耳岳fm庵裏農道
▲モ岳連峰の割石岳も、耳岳も。そして……

180112-2=雪のモ岳連峰fmONA区事務所
▲モ岳はセーフ! 寸止めw

次に寒波が来たらモ岳まで降りてくるかも−−。(一寸期待) (ち)


つくづくつくつくつづくつづく。

昨日夕方、尾之間(おのあいだ)温泉からの帰り道、
遠くでツクツクホウシが鳴いているのが聞こえた。

171007-1=ツクツクホウシ avc 前庭海 aPBR大窓網戸
▲一寸前だけれど、時々訪れても呉れる。

171029-51=カマキリと影 a庵玄関
▲こんな方々も。

もう暫くは時々聞こえてくるだろう。(ち)




台風一過。

台風22号は昨夜から未明に掛けて屋久島を直撃。
宮之浦〜空港〜安房はずっと強風が吹いていたようだが、
尾之間は先週の21号よりはましだったような気が。

何しろ0時半頃停電してからさっさと寝てしまっていたので、
どの程度だったのか……。

171029-1=前庭海fm枕流庵PBR
▲今朝8時半前。早くも無風、晴れ始めた。但し今から吹き返しがあるかも。

広間の雨戸を開けると、晴れ間が。
風も無かった。
でも、今から吹き返しがあるかも。

で、
断水。
朝、WCへ行って気付いた。
昨夜は問題無かったから夜の間に?!

台風の後片付けの前に水道復旧作業。
やれやれ……。(ち)



虹を追う。

10日前に見た時と大体同じ時間、同じ場所で、
今朝亦た虹を見た。

先回上手く撮れなかったので、
今回こそ、と歩き乍らシャッターを切り始めた。

171027-11=虹fmONA旧県道
▲右上に電線が入って×。TOYOも鬱陶しい。

171027-12=虹fmONA旧県道
今度は電柱が邪魔。

なら、電柱の向こうに行けばいいだけだ。

171027-13=虹 avc ACfmONA旧県道
▲確かに電線、電柱、TOYOは無くなったが……。宣伝にしかなってない……。

さて、どっちを採るか……。
矢張り2枚目のかな……?

と書いていてふと思った。
2枚目の先、3枚目の手前に集落の中の裏路地に入って行く坂道がある。
そうだ、そのてっぺんから撮れば……。

次回はそうしよう。
……なんて、なかなか同じ場所に現れはしないんだが。

此処には載せないかも知れないけど、
乞うご期待。(ち)




黄色の世界。

昼間、広間でデスクワークしていたら、
危うく熱中症になり掛けた。(焦)
暖かいからついうっかりしていたが、
12月になっていた。

161202-3=温度計30度 aPBR
▲晴れれば12月でもこれくらいは行く。

慌てて外に涼みに出る。

何時の間にか蕾が頭を擡(もた)げ、
気の早いものは発散し始めていた。

冬を黄色に彩るツワブキの花の話。

161202-4=ツワブキの蕾 a枕流庵C坂
▲最初葉の下に隠れていたが日に日に首を伸ばし、軈て葉を凌ぎ、蕾は弛め始める。

この花が咲き始めると、
どんなに暖かくても意識を冬に強制移行させられる気がする。

161203-22=ツワブキの花 a枕流庵B坂
▲森の中に一株のツワブキ。そしてひっそりと咲く。

島抜けから戻ると、
黄色に縁取られた道を走り、坂を上り、庭を眺めることに、
今年もなるのだろう。
年越し支度、
そろそろ考え始めなければなぁ。(ち)




Sans Titre.

09/27と11/15の動画で作りました。


※全画面高画質(HD)でご覧下さい。

どうぞ殻をお破り下さい。(ち)










ちょっと前の落陽・夕焼けについての小報告。

此処1週間陽射しに恵まれないので、
先月末から今月上旬に掛けての
枕流庵前庭から望む落陽・夕焼けの写真を。

160923-1=落陽fm枕流庵前庭
▲09/23。

160926-51=夕焼けfm枕流庵前庭
160926-52=夕焼けfm枕流庵前庭
160926-56=夕焼けfm枕流庵前庭
160926-58=夕焼けfm枕流庵前庭
▲09/26。

160930-52=落陽と夕焼けfm枕流庵前庭
▲09/30。

160930-53=飛行機雲fm枕流庵前庭
▲09/30。飛行機と飛行機雲も夕陽に染まる。

161002-21=夕焼けfm枕流庵前庭
▲10/02。

161005-21=夕焼けと三日月fm枕流庵前庭
▲10/05。


夕方、温泉から戻って広間で寛いでいる時に、
西の窓から茜色の木洩れ陽が届いたら、
前庭に飛び出してみて下さい。
約10秒で絶景の夕日・夕焼けが
あなたの網膜に届くでしょう。

間もなく夕日は海に落ちるようになります。
空や海と同様、
あなたの心も朱いグラデーションで染めてみませんか?(みませんね……) (ち)



Profile

[ち]or[ぷ]@Chinryuan

Author:[ち]or[ぷ]@Chinryuan
屋久島の最南端、屋久島で最も天候気候のいい所のひとつ、尾之間(おのあいだ)にあるゲストハウス、枕流庵(ちんりうあん)です。
屋久島の知られざる事実やさりげない情報、枕流庵の楽しい話題や出来事を、書ける時に書いていきたいと思います。
また併せて枕流庵HP枕流庵顔本頁も是非ご覧下さい。
取り上げて欲しいテーマ等ありましたら、HP経由でmailにてお知らせ下さい。
このブログに於ける個人情報等の取り扱いについてはこちらをご覧下さい。

Calender
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
The latest article
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Thank you for visiting Chinryu-An blog!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示