FC2ブログ

あなたたちだったからこそ


嵐の、ぢごくのようなGWが過ぎ去った。
今年のGWにお越し頂いた皆さんには
大変なご不便をお掛けしてしまう事に。
この場を借りて改めてお詫びを申し上げたい。

そんなバタバタした日々が続く中、
不満も云わず温かい心で私を見守って
事ある毎に手を差し延べ助けてくれたのが
他ならぬゲストの皆さんだった。

実務的には勿論助かった訳だが、
それ以上に
精神的に救われた日々であった。

ただ、重ねて云うが
それをもカヴァーしてくれる程
皆さんのお心遣いが心に沁みた。

あなたたちがゲストだったからこそ、
GWを乗り切る事が出来た。
そう確信している。


あれほど賑わったGWから一転、
昨日は遂にゲストが0になった。
ガランとした広間に甦る、
往時の賑わいに目を遣ってみる。

160509-1=枕流庵PBRと雨の大窓

そうしつつ、
今からGWにご来庵頂いたゲストお一人お一人に、
期間中十分にお話し出来なかった分も補って
メッセージを送っていこうと思う。
皆さんが心を込めて私をフォローしてくれたように、
心を込めたメッセージを認めたい。(ち)



スポンサーサイト

恵み。

滋賀県からご来庵のリピーターゲストNさんが、
お土産に自作の野菜を持ってきて下さった。

151019-41=nbk等s野菜
▲オ・イ・シ・ソ・ー!!

151019-42=nbks菠薐草
▲スラリとした長身美人のホウレンソウ。作り手に似るのか…?!

151019-43=バターナッツ
▲こちらはバターナッツ。初めて聞く名前で、バターが塗ってあるナッツでも何でもなくって、れっきとしたカボチャだそう(てか見たらカボチャにしか見えん)。寝かせてみれば、なんと官能的な曲線!!

151019-44=nbks人参
▲極め付けはコレ(カレ?)。立派すぎて萎縮してしまいますw
「ゃぁ!」

人参なんかにほんの僅かな土が付いていたりして、
畑直送感満点!
時々顔本にupされているNさんの畑の光景が
瞼に浮かんできてしまった。

眺めてるだけでも心でも味わえてしまう野菜たち、
Nさん有難うございました。(ち)




全部左

連休も終わり、
ゲスト数も3人にまで落ち着いた昨日。
なんと残った3人は何れも左利き。

140721-3=左利き大集合 aPBR
▲Mさん、Gさん、Nさんと、{ち}の左手。

昔に比べれば左利き率は徐々に上がっている感があるが、
3名以上で100%は(初)だったかも。

世の中全て右利き用に出来ているので、
左利きの人は何かと不便を感じて生きてきている訳だが、
逆に右利き用の社会に順応すべく、
地味な努力をしているのも事実。
何とかこなそうとするから、
きっと一般的に「左利きは器用だ」と云われるようになったんだろう。
そう思う事もあるけど、
必ずしもそうでなかったりもする。
当然の話だけど。
凄く生き方が不器用な左利きがいたりする
(あ、自分の事だ)。

夕食の準備の時、
箸を全て左利き向きに置いたら、
何の違和感もなくなったけど、
やがて混在するのに違和感を覚えない時も
遠からず来るんぢゃないかと思う。(ち)




遠くからの

本日午前中、
2013-2014年越し営業最後のゲストがチェックアウト。
お陰様で無事オーヴァーイヤー・シーズンを終えることが出来ました。

140116-2=13-14年越し休庵
▲恒例の休庵式(……って看板外すだけなんだけどw)で看板を掲げる、このショートシーズンのファイナルゲストSさん。

この間ご来庵頂いたゲストの皆さんに
改めて、深く、心から御礼申し上げます。

さて、このSさん、とても遠いところから来てくれた。
いや、関西在住なので地理的に別に遠くは……。

大晦日にフォームから問合せが入った時、
ん? とても見覚えのある名前だと思い
開けてみると
私との馴れ初め(?)が
丁寧な口調ながらも親密さが滲むように記されていた。

……もう20年以上前……ちんりゅうさんに伊勢志摩……お会いして……枕流庵開庵の際、案内も頂いて……

彼を思い出した。
宿をやる前、旅先で出会った人だった。
ご来庵時にその時泊まった宿のスタンプが押された手帳を見せてくれた。
92年8月29日の日付。
22年前。
会話は弾み、忘れていた数々の出来事が
朧気な中から次第に輪郭を露わにしてきた。
と同時に、
この間の彼の辿ってきた道の話も伺った。
その長い道のりは自分のそれとは随分と異なってはいたが、
どちらの道も曲がりくねりアップダウンしていて平坦一直線ではないことに、
過ぎた時の長さを思わざるを得なかった。

だがしかし、
こうした縁で長く遠い道のりを経て再び交わる時が持たれたのは、
とても嬉しいことである。
楽しい二夜を頂いた後、
今季の看板を無事下ろしたと云う次第。
その時私は
近い将来また交差点が出来ることを祈っていた。
勿論、彼とだけのことでなく、
この年越しシーズンにご来庵頂いたゲストの皆さんそれぞれとも、と。(ち)



コンプリート!

世の中にはいろんな楽しみがあり、
旅をするのもそんな中のひとつだと思う。
その楽しい旅に
さらに楽しい楽しみを上乗せしている人々が
世の中にはいる。

例えば、
旅先で郵便局へ行って窓口で100円入金する。
その際に「ゴム印をお願いします」と局員に頼むと、
入金し記帳された行の余白にその局名印を押してくれる。
各地に行った折にこれを繰り返し、旅の記録とするのだ。
これが、
旅行貯金と呼ばれる‘趣味’だったり、
郵便局行脚教と呼ばれる‘宗教’である
(詳しくは郵便局行脚教の顔本頁参照)。

130806-32=KUM全局〒満願通帳
▲専用の通帳を作り、こつこつと諸国巡礼を続ける。

枕流庵ゲストのNさんは熱心な‘信徒’であるが、
その夫のSさんも影響を受けいつしか信徒となった。
そのお二人が今日、
島内の8局全局コンプリートした。
Sさんは先回ご来庵後‘入信’したので、
信徒としては初めて‘総本山’に‘詣で’、
一気に全局を今日一日で‘巡礼’、
Nさんは残していた2局を訪れ晴れて‘満願’。

130806-31=SN〒通帳
▲8局きれいに並んだ‘行脚’通帳を手にするSさんと、今回で満願のNさん。

お二人は終日‘徳を積み’続け、
達成感もひとしお的な安堵の表情で夕方戻って来た。
早速記念の写真を撮らせて頂き、
彼等の大願(一体何だろう?w)が成就することを願わずにはいられなかった。
え? 私の大願?
もちろん、信徒の皆さんに、
ここ総本山に繁く詣でて頂く事ですw (ち)


April People in July

梅雨明け後、
07/11に今季初のゲストご来庵で夏シーズン開庵。
その後、連休に掛けて徐々にゲストが増えて、
昨日はゲストが5名となり、
今朝一緒に記念撮影をした。

130714-1=4月生まれ大集合
▲「4」月○○○大集合!(興奮でブレブレ(恥))

何の変哲もない集合写真。
しかし−−
この5名全員に共通するあることが発覚!

なんと、偶然にも
全員4月生まれ!!

最初Mさんチェックイン時に、
{ち}と誕生日が1日違いの3日生まれだったので、
「惜しい〜」なんて話していたが(何が惜しいのかよく解りませんがw)、
続くKさん(12日生まれ)も4月で、
(おー、続くなぁ……)。
その日の夜ご来庵のAさんが21日生まれ。
(えっ……?!)
よかにせタイム(BARタイム)で
「この中で1人だけ4月生まれぢゃない人がいまーす!」と云って、
12月生まれの{ぷ}を仲間外れにして笑っていたのも束の間、
翌(昨)日4人目のKさん(25日生まれ)チェックイン時には、
初対面にも関わらず思わず吹き出してしまい、
怪訝な顔の彼に、
「い、いやね、今お泊まりのゲスト全員4月生まれなんですよ−」と
その場を慌てて取り繕う始末。
そして夕方、
いくら何でも4名揃えば上等と思っていたら、
5人目Nさんが4月18日と記入。
こめかみの内側に閃光が走り眩暈(めまい)を覚えた。(やや大袈裟?)

17年間でこんなことは初。
宿も長くやってみるものですね。
(それにしてもびっくりした…:O) (ち)

※写真並びに誕生日情報は各人の了承を得て掲載しています。



また近いうちに!

お盆が終わって、
急激にゲストが帰って行った。
11名いたゲストが2日間で全員島を後にした。

120818-31=見送り aMIU港 120818-32=見送りaKUM Ap.
▲宮之浦港で、空港で、笑顔で手を振って帰って行くゲストの皆さん。

バータイムでのゲストの皆さんとの楽しいお喋りや、
ジンギスカンパーティでの想い出。
こちらにも沢山いい時間を頂いて、
とても気持ちのいい期間が終わった。

ご来庵頂いたゲストの皆さん、
本当に何うも有難うございました。
また来年も今年以上に楽しい時間を過ごしに来て下さいね!(ち)



Profile

[ち]or[ぷ]@Chinryuan

Author:[ち]or[ぷ]@Chinryuan
屋久島の最南端、屋久島で最も天候気候のいい所のひとつ、尾之間(おのあいだ)にあるゲストハウス、枕流庵(ちんりうあん)です。
屋久島の知られざる事実やさりげない情報、枕流庵の楽しい話題や出来事を、書ける時に書いていきたいと思います。
また併せて枕流庵HP枕流庵顔本頁も是非ご覧下さい。
取り上げて欲しいテーマ等ありましたら、HP経由でmailにてお知らせ下さい。
このブログに於ける個人情報等の取り扱いについてはこちらをご覧下さい。

Calender
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
The latest article
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Thank you for visiting Chinryu-An blog!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示