FC2ブログ

雨近し。

そう云えば、
‘雨の島’とか呼ばれたりするんだっけ?

181112-3=曇り空fmPBR

久々の雨の前触れ。(ち)




スポンサーサイト

あれから45分……

台風の目から45分位でこの世界。


※再生開始後、画面右下の全画面ボタンをクリックしてご覧下さい。

激しい吹き返しで、先刻の陽射しや青空の事を思い出せない。

車も横転……

180930-1=台風24号通過時のPBANPB a庵前
▲……したかと思ったら、写真の自動方向判別が間違っていただけだった……ほっ。

180930-2=大時化の前庭海fmPBR
▲吹き返し前に垣間見えた海も、大波ザッパンザッパン。

繰り返される停電の波の方が余程痛手だったけど……w
と云う訳で漸くBLOGもアップ出来ました。(ち)



台風の目

現在、台風24号真っ只中。

台風の目に入っています。


※再生開始後、画面右下の全画面ボタンをクリックしてご覧下さい。

この後吹き返しが可成り強く吹くと思います。
南屋久島ではこれからが‘本番’です!!

180930-PNG1=台風24号,KUM台風の目の中
▲ど真ん中!(気象庁台風情報より)

180930-PNG2=雨雲に囲まれるTNEKUM,雨雲ズームレーダー
▲ここから中に入って来ないでっ!! 砦感溢れる雨雲。(Y!雨雲ズームレーダーより)

この後、逐次写真や動画を追加します。


※再生開始後、画面右下の全画面ボタンをクリックしてご覧下さい。

内地の皆様お気を付け下さい。(ち)



本日の夕焼け。

180927-31=夕焼けfm庵前庭
▲本日(180927)の夕焼け。

久し振りに焼けた。
思えば今夏は1、2回しか夕焼けらしい夕焼け見れなかったなぁ……。(ち)



肉薄!

庵から見てるだけでは今ひとつ迫力に欠けるので、
磯に出向いて断崖から覗き込む。


※動画再生開始後、画面右下の全画面アイコンをクリックしてご覧下さい。

台風19号の強風域に入っているので
強い風で押し出されたり(おっとっとおとぉ〜)引き戻されたり(ぅゎぁ〜あ〜)。
カメラもシオッシオ!
この後もっともっと波は高くなるだろうけど、
勿論見に来る事は出来ない。残念。(ち)


凄いアイコン。

確かにびゅ〜んって風が吹いてずぁぁーーーーって雨が降るんだな、
って解り易いアイコンだけど……

180821-PNG1=暴風雨マーク天気予報
▲風雨もさることながら波も並の波ぢゃないなぁ……。

でも、実際は傘なんて差せないです。

180821-31=大時化の前庭海fmPBR
▲本日(180821)の大時化の太平洋。11時半現在で既にこんな感じ。

久々の大物到来に胸も高鳴ります。(ち)



囲まれた!

とうとう……

180731-PNG2=2018年台風12号進路(07:31-21時)
▲2018.07.31-21:00現在の台風12号進路図。
出典:気象庁HP

囲まれてしまいました−−ww (ち)


くるりん。

来たと思ったら何時の間にか去っていって
亦た出直すと云う。

気ままな台風12号の話。

180731-PNG1=台風進路予想図
※出典:気象庁HP

この間、ほぼ無風。
雨も少しは降ったけど……。

そして今朝は−−

180731-22=ヒマワリ畑と太平洋 aONA耕地整理記念碑下
▲夏の陽射しの戻った尾之間(おのあいだ)のヒマワリ畑と太平洋。

台風仕舞いは無しね ;) (ち)


虹の始まり。

別名‘虹の島’とも云われる屋久島。
暮らしていると頻繁に出会す。
でもよくよく考えたら見ているのは何時もハイライト、
詰まり大きな弧を描いている頂点とその前後くらい。

一体、虹の始まりってどうなってんだろう……?
はっきりと見てみたい……と云う永年の緩い希望が今朝、
遂に叶った。

枕流庵下農県道を西の方へ行ったところで
目の前に大きな虹が。
しかもその、向かって左側の根元(としか云いようがないですよねw)が、
海の中にしっかりと立っていた。

180322-12=虹fm枕流庵下農道
▲海から立ち上がる虹。

迷う事無く農道に入り‘付け根’に視線を集中。
斯くして淡い淡い夢−−狙っても無く、どうしても見なければ処刑される訳でも無い−−は、
叶ったのである。

それにしても−−
虹フォトはなんちゃら映えするけど、
だからなんだ、って後で正気に返って気持ちが萎えしぼむところが、
虹が雲散霧消してしまうのと相通ずるように思うのは、
心が濁っているからだろうか……。(ち)



ここまで降りて来た。

昨日は安房〜宮之浦間の一部で積雪もしていたようだが、
毎日この冬一番と云われる冷え込みも、
そろそろ底を打つのではと思うこの頃。

朝、枕流庵後方の峰々を仰ぎ見る。


※動画再生後画面右下の全画面ボタンをクリックしてご覧下さい。

遂にモ岳も初冠雪。
暫くするとうっすらと被っていた低山の淡雪は、
掌に降り下りた雪のように消えていた。(ち)



Profile

[ち]or[ぷ]@Chinryuan

Author:[ち]or[ぷ]@Chinryuan
屋久島の最南端、屋久島で最も天候気候のいい所のひとつ、尾之間(おのあいだ)にあるゲストハウス、枕流庵(ちんりうあん)です。
屋久島の知られざる事実やさりげない情報、枕流庵の楽しい話題や出来事を、書ける時に書いていきたいと思います。
また併せて枕流庵HP枕流庵顔本頁も是非ご覧下さい。
取り上げて欲しいテーマ等ありましたら、HP経由でmailにてお知らせ下さい。
このブログに於ける個人情報等の取り扱いについてはこちらをご覧下さい。

Calender
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
The latest article
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Thank you for visiting Chinryu-An blog!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示