FC2ブログ

青空拡張プロジェクト



‘太平洋や空が見えて緑に囲まれたゲストハウス’。
なんだけど、
最近空の面積が狭まっていた。

160403-101=前庭海空fmPBR

4月頭から11年振りに戻って来てくれたゲストのNさん、
来庵翌日から「木、伐りますよ」。

160403-102=前庭海空fmPBR

向かって左の、ヤマモモの木、
見る間に散髪。

160403-103=前庭海空fmPBR

チョロいっす。

160403-104=野本広伸,前庭立木伐採

どんどん行きますよ。

160403-105=前庭海空fmPBR

おっ、さっぱりした!
でももう一寸かな?

160403-106=野本広伸,前庭立木伐採

了解っす!

160403-107=野本広伸,前庭立木伐採

ガシガシガシガシ……
これでグ〜ンと広がった。
けど……今度は右側のクスノキが邪魔かな?

160403-108=クスノキ a前庭

これね。
了解。
高いところ登れないんで、
ちんりうさんロープ掛けて。
ち:(えっ?!) 了解。

160403-109=野本広伸,前庭立木伐採

はい、1本目。
次。

160403-110=クスノキ伐採 a前庭

はやっ!
もうなくなってる……。(汗)

160403-111=前庭海空fmPBR

おー、広がった広がった!
でも曇り空(誰のせいでも無いけど…)。

160403-112=クスノキ伐採 a前庭

最後の1本も、ほら、この通り。

160403-113=前庭海空fmPBR

右端上に出っ張ってたのも無くなった!
04/03の作業終了。

++

明けて04/04、作業開始。
その前に昨日の作業実績確認。

160404-11=前庭海空fmPBR

この記事の最初の写真と見較べて。
随分広がったね。
今日は敷地周辺のハゼノキの伐採。
ウルシ科の木だからかぶれないように
(後日帰宅後かぶれまくったと報告あり。当然。
寧ろやってる間にかぶれなかったのが不思議)。
04/04作業終了(写真なし)。

++

04/05。
ち:正面から見て右に、前はモ岳が見えたんだけど、
  何時の間にか立木の枝が伸びて隠れてしまった。
 
160405-1=枕流庵外観fm前庭

N:伐りましょう。
作業開始。

160405-21=伐採前クスノキ a和室外160405-22=伐採前クスノキ a和室外

客室の外に生えている大きなクスノキ。
以前地上8m位の所から{ち}が伐り、
その後をゲストのMさんが受けてくれた(→こちら)。
それ以来手を着けれてなかったのを、
今回Nさんが引き受けてくれた。

 160405-23=伐採前クスノキ a和室外

和室から。

160405-24=伐採前クスノキ a和室外

「これね。でかいね」

疲れた。
昼寝。

160405-32=IZM,SLP aPBR

充電完了。
さあやるぞ!

先ずは大物周辺の邪魔な枝打ちから。

160405-41=野本広伸,立木伐採 a和室外

登ってるよ。

160405-42=野本広伸,立木伐採 a和室外

あ、切れてる。

160405-43=野本広伸,クスノキ伐採 a和室外

凄い! 上が無い!!

160405-45=野本広伸,クスノキ伐採fm和室

ガシガシガシガシ……

160405-46=野本広伸,クスノキ伐採 a和室外

こんな太いの……。
お見事!!

160405-5=枕流庵前庭とモ岳fm前庭

なんと云う事でしょう!
モ岳の頭が見えるではないですか。

160405-61=立木伐採完了 a枕流庵和室外

それもそのはず。
さっぱりしてる。

160405-62=立木伐採完了fm枕流庵和室

客室(和室)が明るくなった!
有難う、お疲れ様、Nさん!
04/05作業終了。


+++

04/07は物置の庇伸ばし大工仕事をしてくれたNさん、
04/08には浴室外のヤマモモの木を伐ってくれた。

160408-11=野本広伸,立木伐採fm枕流庵浴室

三つ股に分かれてるうち向かって左の1本から。

160408-12=野本広伸,立木伐採fm枕流庵浴室

う〜ん、切れてるけど、
他の木に凭れてなかなか落ちない。
掛矢で叩くもビクともしない。
くさび打ち込んだら落ちた!

160408-18=野本広伸,立木伐採完了 a浴室外

悪戦苦闘すること数時間、
遂に3本成敗しました。
ピース!(+1)

+++

そして翌日−−

Nさん、島を後にする。

160409-2=野本広伸,FK2見送り

有難う!
亦たね!

それにしても一体彼は何をしに来たのだろう……。
どこへも行かず毎日木を伐ったり本を読んだりして過ごした1週間。

+++

その答は、ここにあった。

160414-3=朝日の入る枕流庵廊下

客室を通し、廊下の天井に当たる陽光。
廊下まで明るくなった。

160414-41=前庭海空fm枕流庵PBR

 彼には彼なりの目的が会ったと思うが、
宿側から見れば、
11年間、来れない事情があったのに、
枕流庵を好きでいてくれたのを体現しにきてくれたんだと思う。

そんな沢山のゲストの思いに応えるべく、
開かれた居心地のいいスペースを提供していこうと思う。
この開かれた空のような気持ちの良いスペースを。

最後に、
Nさん、ありがとう。(ち)





スポンサーサイト
Profile

[ち]or[ぷ]@Chinryuan

Author:[ち]or[ぷ]@Chinryuan
屋久島の最南端、屋久島で最も天候気候のいい所のひとつ、尾之間(おのあいだ)にあるゲストハウス、枕流庵(ちんりうあん)です。
屋久島の知られざる事実やさりげない情報、枕流庵の楽しい話題や出来事を、書ける時に書いていきたいと思います。
また併せて枕流庵HP枕流庵顔本頁も是非ご覧下さい。
取り上げて欲しいテーマ等ありましたら、HP経由でmailにてお知らせ下さい。
このブログに於ける個人情報等の取り扱いについてはこちらをご覧下さい。

Calender
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
The latest article
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Thank you for visiting Chinryu-An blog!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示