FC2ブログ

「15」

台風15号は屋久島のずっと東の太平洋を北上、
島自体にはさほどの雨も降らせず本土の方へと進んでいっています。

ここ尾之間は昨日まで雨こそ降ったものの、
普段の雨降り程度で済み、
風も殆ど吹きませんでした。
しかし宮之浦〜空港の辺りはずっと風速10mを越す風が吹き続けています。
海は未だ時化の名残があるものの、
徐々に収まりつつあり船も運航されそうです。

110921-2=前庭海
▲本日(110921)の前庭からの太平洋。未だ白波が遥か沖まで連なっている。

逆に本土の皆さんは十分ご注意下さい。
ご無事をお祈りします。


さて、本日枕流庵は開庵以来15周年を迎えました。
1996年のこの日、
未だ宿が完全に出来上がってない中、
突貫工事で先ずは1部屋仕上げ、
既にご予約を頂いているゲスト1名をお迎えしのが第1号のゲストであり、
枕流庵の開庵日となりました。
以来15年、
ご来庵頂いた沢山のゲストの皆さんのお陰
−−ゲストの皆さんによって作りあげられてきた−−で、
弊庵は存続することが出来ました。

110921-51=開庵当時外観写真
▲15年前の開庵当時の枕流庵外観写真。

110921-34=枕流庵斜め外観 110921-33=枕流庵外観と前庭
▲そしてこれが15周年を迎えた本日の枕流庵外観。開庵当時に比べて外観自体はほとんど変わらないが、周囲の樹々が随分茂った。

この15年の間にお越し頂いた全てのゲストと支えてくれたスタッフの皆さんに、
この場を借りて心から「ありがとう」と申し上げたいと思います。

今弊庵を取り巻く環境は決して穏やかな状況ではありませんが、
この日を区切りに亦た初心に返って
ひとつひとつこつこつ積み上げていこうと思っています。

初めて枕流庵を見つけて行ってみたいとお考えの皆さんや、
久し振りに再訪庵しようかなと考えているリピーターの皆さん、
是非是非お越し下さいね!

今後もどうぞ弊庵を宜しくお願いします。(ち)




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます!

15年、おめでとうございます!
いつかまた伺える日を楽しみにしていますので、これからも楽しい枕流庵でいてください!

有難うございます。

masdaqさん、コメント有難うございます。
矢張りmasdaqさんにもこの宿を支えて頂いたと思って
深い感謝の気持ちで一杯です。
近いうちにお会い出来ることを糧に16年目に踏み出したいと思います。
これからもどうぞ宜しくお願いします!(ち)

おめでとうございます♪

枕流庵お誕生日おめでとうございます!
別館のチケットもまだ残っておりますので
来年のGW、または夏休みにお伺いしますね♪
その間、“鹿児島よかにせ”には誘って下さい。

これからも『帰りたくなる』お宿でいてほしいな☆

おめでとうございます

今日は、記念日なのですね。おめでとうございます。屋久島は、かなりご無沙汰していますが、たま〜に、ふと、なんともいえないあの雰囲気を思い出します。
「15」の影響は大変なものでした。帰宅するまでの所要時間は、通常の4倍程。しんどかった〜。今は、近所の飲み屋で、軽〜く飲んでます。

No title

15回目の誕生日なんですね!!おめでとうございます。
私の屋久島の旅は「枕流庵」があってこそ!でしたから、枕流庵に出会えてよかったです(*^-^*)

来年もまた季節を変えて行きたいと思ってます。
その時は宜しくです!!

有難うございます。

つゆやっこさん。
メッセージ有難うございます!
お陰様で15年を迎えることが出来ました。

今年若しチャンスがあれば、
無ければ来年是非!
お待ちしています。

勿論鹿児島よかにせも!

これからも宜しくお願いします。(ち)

有難うございます。

kowloonさん、
どなたかと思いきや……
今回のメッセージでどなたか判明しました
(「近所の飲み屋で、軽〜く飲んでます。」の部分で(笑))。

祝辞有難うございます。
お陰様で、ですね。
もっとお陰様で、と云いたいので、
是非近い内に久々のご来庵を!
ヴァーチャルからリアルの枕流庵を。
本物は違いますよ〜、やっぱり。

近い内の再会を楽しみにしています!(ち)

有難うございます。

こざるさん、お久し振りです。
15周年へのメッセ有難うございます!

今年はあの大変な時期に良くいらっしゃって下さいました。
亦た来年も、楽しみにお待ちしています。
色んな季節を楽しんで頂ければと思います。

それ迄何うぞお元気で!(ち)

おめでとう!!

もう15年ですか。おめでとうございます。
当時は便所も無くて・・・今ではいい思い出ですね。

結婚し、家庭を持つとなかなか身動きがとれなく現在に至ってます。
またいつか伺える時が来たらよろしくお願いします。

これからも旅人に好かれる宿で有り続けて下さい。

Profile

[ち]or[ぷ]@Chinryuan

Author:[ち]or[ぷ]@Chinryuan
屋久島の最南端、屋久島で最も天候気候のいい所のひとつ、尾之間(おのあいだ)にあるゲストハウス、枕流庵(ちんりうあん)です。
屋久島の知られざる事実やさりげない情報、枕流庵の楽しい話題や出来事を、書ける時に書いていきたいと思います。
また併せて枕流庵HP枕流庵顔本頁も是非ご覧下さい。
取り上げて欲しいテーマ等ありましたら、HP経由でmailにてお知らせ下さい。
このブログに於ける個人情報等の取り扱いについてはこちらをご覧下さい。

Calender
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
The latest article
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Thank you for visiting Chinryu-An blog!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示