FC2ブログ

アルマジロ

数日うちにまた何時もの陽気に戻るだろうと高を括っていたのに、
気温は上がるどころか今朝方(早朝)は尾之間でも遂に20度を割り込んでしまった。
しかも朝から、黙考への招待状のような雨模様。
風もないので雨の軌跡が揺らぐこともなく、
生産計画に則ってライン上で機械的に作られたように降り続いている。
今日は水平線も喪われてしまっている。

110926-4=雨の前庭海
▲本日(110926)の前庭と太平洋(…があるべき空間)。



そんな中、23日に、メキシコ人カップルのKさんとGさんが1泊でご来庵。
翌日の帰り際にお土産を頂いた。

110924-31=アルマジロ人形
▲アルマジロのアレブリヘ。

5cm程の小さな木彫りのアルマジロ。
派手な柄を背負っている。
アルマジロっぽいなぁとは思ったけど、
この柄だし……何だろう……? と思い、
訊いたところ「アレブ……」と教えてくれたが、
聞き取れずじまい。
スペイン語でアルマジロの意味かなと思い調べて見たが、
スペイン語でもアルマジロは’armadillo'、英語と同じ綴りで、
教えてくれたのとは違っていた。
散々調べた結果、
これは確かにアルマジロだけれども、
教えてくれた「アレ……」とは
「アレブリヘ(Arebrije)」であることが判明
(このリンクの最初の方を見るとお解り頂けると思う)。
http://www.labrava.jp/oaxacan-wood-carving/alebrijes/
(Wiki英語版)
http://en.wikipedia.org/wiki/Alebrije

調べてみると色々な動物のものがあり、
また、同じアルマジロでも色々な柄のものがあり、
どれもエキゾティック且つフォークロアな雰囲気
−−何だか私が嫌いな表現だなぁ(苦笑)−−に溢れていた。


このように海外のゲストから、
掌が温かくなるようなささやかなお土産を頂く事が時々ある。
オーストラリアのゲストから小さなウォンバットやカンガルーのぬいぐるみを頂いたり……。

常に表に出している訳ではないが、
15年も経つと徐々にこの小さな家族が少しずつ増えてきている。
やがてそれらを綺麗に収めれて、
時々手に取れるショーケースを作れれば
訪れるゲストの皆さんも、
そして我々もささやかな楽しみが1つ増えることにだろう。(ち)




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

いやー、いいですねぇ。
ゲストが作るミュージアムみたいで、ステキ。

遠からず

ほーさん、メッセ有難うございます!

遠からず実現させたいと思います!
その暁には是非見に来て下さいね!
Profile

[ち]or[ぷ]@Chinryuan

Author:[ち]or[ぷ]@Chinryuan
屋久島の最南端、屋久島で最も天候気候のいい所のひとつ、尾之間(おのあいだ)にあるゲストハウス、枕流庵(ちんりうあん)です。
屋久島の知られざる事実やさりげない情報、枕流庵の楽しい話題や出来事を、書ける時に書いていきたいと思います。
また併せて枕流庵HP枕流庵顔本頁も是非ご覧下さい。
取り上げて欲しいテーマ等ありましたら、HP経由でmailにてお知らせ下さい。
このブログに於ける個人情報等の取り扱いについてはこちらをご覧下さい。

Calender
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
The latest article
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Thank you for visiting Chinryu-An blog!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示