FC2ブログ

高枝の花と落花径。

庵の一番奥に和室があって、
その外にクロバイと云う大木が生えていた。
数年前に突如として立ち枯れ、
大木と雖も全てが何百年もの樹齢に達する事は無いと、
諸行無常を感じた。

クロバイ、
春先に数mmの小さい白い花を沢山咲かせるのだが、
何せ大木、
高い枝に花を付けるので間近に見る事はなかなか叶わない。

ある日、気付くと足元に着地したばかりの雪のように
無数の小さい花が落ちていて始めて気付く。
その繰り返しの20年余りだった。

そのクロバイのように、
元気だった樹が立ち枯れ、
その向こうに潜んでいた樹が表に出ると云う事もよくある。
玄関先、温泉へと続く裏道の入った直ぐの所に
クロバイの気があるのに気付いた。
それも矢張り小径に散った降りたての‘雪’で気付いたのだった。

190418-5=クロバイの落花 a庵裏道入口
▲小径に木漏れ日のスポットライトを浴びて煌めくクロバイの落花。

玄関の方に戻り振り仰ぐと、
嘗ての大木よりはずい分小振りな小高木風情なその樹の枝に
満開の花を見た。

190407-2=クロバイの花 a庵前庭
▲コンデヂのショボいズームで精一杯寄って撮ったのを、精一杯拡大して何とか……。(苦笑)

咲いている花を近付いて見る楽しみは知っているが、
落花で気付き、
落花を愛でて、
落花に色んな思いを馳せるのも、
それはそれで楽しみとなるものだ。(ち)



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

[ち]or[ぷ]@Chinryuan

Author:[ち]or[ぷ]@Chinryuan
屋久島の最南端、屋久島で最も天候気候のいい所のひとつ、尾之間(おのあいだ)にあるゲストハウス、枕流庵(ちんりうあん)です。
屋久島の知られざる事実やさりげない情報、枕流庵の楽しい話題や出来事を、書ける時に書いていきたいと思います。
また併せて枕流庵HP枕流庵顔本頁も是非ご覧下さい。
取り上げて欲しいテーマ等ありましたら、HP経由でmailにてお知らせ下さい。
このブログに於ける個人情報等の取り扱いについてはこちらをご覧下さい。

Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
The latest article
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Thank you for visiting Chinryu-An blog!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示